Unity3

「Unity入門」及び「Unityではじめるゲームづくり」を終え
どうにかアクションゲームにおけるインタラクションも実現出来そうかな?という状況です。

キャラクタとカメラの挙動において詰まっていた箇所があるのですが
Unityの公式サイトで公開されている3D Platform TutorialのScriptを参考にすることで上手くいきそうです。

Free版で可能な表現を比較すればUDKの方が様々な表現が可能なのだと思いますが
より容易に、そしてユーザー数の多さによる情報量の高さは魅力的です。

勉強を始めようという方はどの本を選ぶべきか迷うところではあると思います。
私のようにプログラムに弱い方は「Unity入門」が非常におすすめです。
画像が多い上、丁寧に説明がされているので、すんなり概要を掴むことが出来るようになると思います。

「Unityではじめるゲームづくり」の方は、もう少し深く書いています。
Terrainを利用したマップの作成から、キャラクタのインタラクション、敵キャラクタのAIなど
実際のゲーム制作に直接利用出来るものが多いです。
「Unity入門」と比較して文章量が多く、画像は少なめですので2冊目として良かったです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。