ディファレンスエンジン読了

ギブスン&スターリングによるディファレンスエンジンを読了しました。
語彙の少ない私にとっては難解な内容と言い回しが多く、その都度言葉を調べながら読み進めていきました。

正直なところ内容の何割を理解出来たのか疑問ではあります。
特に一番最後のページは今でもよく意味が分かりません。

しかしながらスチームパンクの概念的存在でもありますから、世界観構築の緻密さが凄まじいものであると感じました。
更に各章を締めくくる文章表現が美しく印象に残っています。

私が読んだものは1991年に角川書店より発売された本のようです。

次は途中で読むのを中断したままになっていたペルディード・ストリート・ステーションを読み進めようと思います。
元祖スチームパンクと新しいスチームパンク、読み比べることが出来そうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。