イタリア旅行

昨年ミラノとヴェネチアへ旅行へ行きました。
その時の写真を掲載してみます。

  

航空会社はFINNAIRを利用しました。
機内食のカレーは正直お世辞にも美味しいとは言えませんでした…。

 

ヘルシンキ空港を経由してイタリアへと向かいます。
丁度良い時間帯だったのか霞んだ空気に映し出された夕焼けが印象的でした。

 

 

ミラノ空港から1時間ほどかけてホテルへ辿り着きました。

 

 

ホテル近くのスーパーにある鮮魚コーナーです。
あまり目にすることのない魚が陳列されてありました。

 

ミラノ市街ではトラムと呼ばれる路面電車が走っており、各地を移動するのに利用します。

 

古くからある建物を再利用した映画館です。
景観に力を入れているため、マクドナルドの赤い看板も黒い看板になっていました。

 

ありました、日本ショップ(笑
思わずパチリと。

 

  

ホテルのすぐ側には公園がありました。
非常に広い公園でドッグランなどもありました。

 

 

スフォルツェスコ城です。
城の内部には美術館があり、無料で見学する事が出来ます。

 

  

かの有名なミラノのドゥオモです。
この建物を見に来た!と言っても過言ではなく、地下鉄の階段を上りながら
徐々にドゥオモが姿を現す様には非常に興奮を覚えました。

 

  

ドゥオモのすぐ側にはアーケードがあり、プラダの本店などが軒を構えています。
写真3枚目は分かりづらいかもしれませんが、誰かが手を離してしまったのか天井に風船が引っ掛かっていました(笑

 

 

ドゥオモでは屋上に上ることが出来ます。
階段ならば6ユーロ、エレベーターならば10ユーロと、お金を支払わなくてはなりませんが…。
私は延々続く階段を上り屋上へと向かいました。

 

 

ミラノの町を一望でき、夕闇による非常に美しい空が広がっていました。

 

  

ドゥオモの内部です。
屋上は有料でしたが、内部は一部区画を除き無料で見学することが出来ます。

 

  

さすがと言いますか、パスタ類はどれも非常に美味しく頂きました。
ただ最終日に頂いたピザは、今まで生きてきた中でワーストを更新しました…。
ある意味で鮮烈な思い出として記憶に残ることになりましたが。

 

…。
ドゥオモ横にあるリナシャンテというデパートから外に出たときに出くわした生物です。
せわせわしくあちらこちらへと動き回っていましたが、カメラを向けると立ち止まって撮影に協力してくれました(笑

 

 

ミラノからユーロスターに揺られて1時間半ほど、ヴェネチアへ到着しました。
駅構内から出ると、途端に別の世界へ来たかのように眼前に水面が広がっていました。

 

 

水の都そのものです。
水上ボートがTAXIという看板を掲げており、根本的な生活の違いを感じさせます。
ただ著名な観光地であるためか、あまりにも観光客慣れしすぎている印象は受けました。

 

  

帰りの飛行機では窓際の席に座ることが出来ました。
本当は全ての色相を使ったような美しい夕焼け空も目にすることが出来たのですが
離陸直前で電子機器が利用出来ずに断念しました。心の中に留めておくことにします。

 

昔から憧れを感じ、最も行ってみたいと思っていたイタリアでしたので
自分がその場に存在しているのが信じられないという心境でした。

出来ることなら他にもオランダやスペインのイビサにも行ってみたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。