バンド・デシネ

バンド・デシネと呼ばれるものを初めて知りました。
フランスやベルギーを中心とした地域における漫画のことらしいですね。

特にフランソワ・スクイテンがイラストをつとめる「闇の国々」と
パスカル・ラバテ著の「イビクス――ネヴローゾフの数奇な運命」に心惹かれました。

AnatomyFigureによって出費があったばかりで金銭的に痛いところではあるのですが
画集に対する物欲も高まってきており、これらのBDも含めて購入してしまいそうな心情です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。